【F906iレビュー】ヨコモーションからみるユーザーインターフェース(1/2) 

f906i

F906i徹底レビュー中です。

F906iの大きな機能として、画面がヨコに出来るヨコモーションがあります。
F906iの開発者の人と話したんですが、この機能はかなりこだわって作っていらっしゃいます。

今回はこの「ヨコモーション」を色々と検証してみました。

■ユーザーインターフェースはそのままで横画面にする



画面がヨコにできる機種は他にもあると思います。

回転2軸の端末や

f906i

横に開く端末など

f906i

後はスライド端末で横にしてみるって感じですね

f906i


これらの端末は「画面を横にする」という機能は満たしているモノの、「ユーザーインターフェース」についてはあまり考慮されていないのは事実です。

方向キーなどの簡易的なボタンは付いている物の、それは「ワンセグ」用にチャンネルと音量を変えるだけにつけたものだったりします。


そのため普段の「ユーザーインターフェースをユーザー側で変更しなければならない」ということが発生します。

F906iの開発者の方はここに非常にこだわりを持ってらっしゃって、

「普段使ってるそのままのインターフェースで画面を何とかよこにしたかった」

と仰っています。

f906i

私も他のキャリアで画面を横にして、ワンセグやカメラを使うことがあるのですが、びっくりするくらい使いにくくてストレスがたまっていました。

スライド端末では横にすると持ちにくいし、二軸だと急に電話が鳴ったときにあたふたあたふたしてしまいます。

私は始めてこの富士通のFシリーズを使ったのですが、この横モーションは本当に快適です。

片手でサクッと横画面し、ワンセグやカメラ、ネットサーフィンが出来る。

しかもいつも使っているキー操作で処理が行えるため、めちゃくちゃ使いやすいですね。これは本当にユーザーインターフェースが考えられた結果です。

■回転は右でも左でもどちらでも


実は持つまで知らなかったのですが、回転方向は右でも左でも行けるようになっています。

右でも

f906i

左でも

f906i

どちらでも行けるところがまた便利。

実は傾けること自体に「ショートカット」を割り当てることができるようになっており、右に傾けたら「ワンセグ」、左に傾けたら「カメラ」を自動起動と言った設定も出来ます。

f906i

これが激しく便利です。

次回はヨコモーションだからこその、マルチウィンドウについてご紹介していきます。


FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!
posted by 荒木 稔 | 2008年06月17日 | TrackBack(0) | はてブに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加
前後の記事
この記事へのTrackBack
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。